ライブスケジュール
レギュラー演奏者紹介
演奏者紹介
アクセス・営業時間
グラナダhistory
グラナダだより
drink menu
サービス券
リンク集
top


*レギュラー演奏者紹介*


  なかのかつき
  高 公崇



*11月後半の演奏者紹介*

演奏時間 20:00 21:00
毎週月曜 高公崇(クラシックギター)
毎週火曜 飛び入りコンサート(各種ギター貸与)
毎週火・木・日曜 なかのかつき(ラテン、シャンソン、フォーク、歌謡曲、ギターと歌)
※プロフィールはレギュラー演奏者の紹介を御覧下さい。

●16日(土)山中由美子(クラシックG)
      ゲスト:杉浦和美(クラシックG)
 本格派の美貌ギタリストの山中由美子が今回はベテランギタリスト杉浦知美さんをゲストに迎えての二重奏でお送りします!!
 <杉浦知美>さんはグラナダがオープン当時、毎週土曜日のレギュラーギタリストでした。45年ぶりに故郷へ帰って来ました!!お楽しみに!!
 
●20日(水)ロベルト・デ・ロサーノ
      (タンゴ・ラテン G、Vo)
      共演:MaKo(Vo)
 アルゼンチン・ブエノスアイレス出身。若干15歳でプロデビュー。21歳で南米最大のフォルクローレ・フェスティバル「コスキン音楽祭」で最優秀歌唱賞を獲得するとともに、特別審査員賞を受賞する。

 97年来日。タンゴ、フォルクローレ、ラテンバラードなど幅広いレパートリーを持ち、日本で数少ないアルゼンチン人歌手としてコンサート、イベント等で活動している。

 02年から3年連続でサッカーの親善試合「キリンカップ」日本 vs アルゼンチン戦にてアルゼンチン国家独唱の栄誉を与えられる。

 若年性パーキンソン病という難病と向き合いながらも、前向きに自分の歌を通じて世界中の悩みを抱える人々に夢と希望を与えていきたいと願っている。

 そのスタイルにとらわれない表現豊かで甘く柔かに、かつ熱く力強い歌声はジャンルを超えて多くの人々の胸を打つ。

 YouTubeの動画はこちら
 Facebook:Roberto De Lozano / Roberto De Lozano Fan Club
 
●22日(金)エスペランサ(ボサノヴァ デュオ、G、Vo)
大岸康雄(ギター)+大岸真寿美(ボーカル)
 徳島県小松島市在住の夫婦デュオ。抜群のギターテクニックと本格派のボーカル。ボサノバファンはぜひ必聴!!
CD「voce tem esperanca」好評発売中!!
 
●23日(土)小島晴子(クラシックG)
 関西大学ギター部OG(48期)。現役時代「第48回定期演奏会」(箕面市立メイプルホール)で、無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番ニ短調 BWV1004 よりシャンコンヌ(J・Sバッハ)を独奏した強者!!

 社会人ギタリストとして今、尚活躍!!猪居信之氏に師事。
 
●24日(日)休業
 
●27日(水)なかのかつき(G、Vo)
      ※飛び入りコーナー有ります!!
 
●29日(金)アコギのミカ(アコースティックG)
 '64年3月大阪府豊中市生まれ。00〜02年天満俊秀氏に師事。01〜03年岸部眞明氏に師事。04〜マブチマサヒロ氏に師事。

 現在、大阪、京都、神戸を中心にインストギター及び、ギター弾き語りライブ活動中。
 
●30日(土)松村成弘(マンドリン)+高公崇(G)
松村成弘
 中学時代からマンドリンを条井謙三氏に師事する。高校・大学とマンドリンオーケストラのコンサートマスターを務め、現在はモノリスカルテットを主宰。堀川マンドリン合奏団の指揮者も務める。

高公崇
 1974年生まれ。15歳よりギターを猪居信之氏に師事。1995年大阪音楽大学短期大学部ギターコース卒業。同校にて藤井真吾氏に師事。1996年第5回名古屋ギターコンクール第1位。1999年第26回ギターコンクール(読売新聞大阪本社主催)第2位。エリオット・フィスク、ペペ・ロメオ、オスカー・ギリア、福田進一各氏のマスタークラス受講。積極的な演奏活動を行うと共にギターの指導にあたっている。
 


*11月前半の演奏者紹介*