ライブスケジュール
レギュラー演奏者紹介
演奏者紹介
アクセス・営業時間
グラナダhistory
グラナダだより
drink menu
サービス券
リンク集
top


*レギュラー演奏者紹介*


  なかのかつき
  高 公崇



*7月前半の演奏者紹介*

演奏時間 20:00 21:00
毎週月曜 高公崇(クラシックギター)
毎週火曜 飛び入りコンサート(各種ギター貸与)
毎週火・木・日曜 なかのかつき
 (ラテン、シャンソン、フォーク、歌謡曲、ギターと歌)
※プロフィールはレギュラー演奏者の紹介を御覧下さい。

●1日(月)高公崇(クラシックG)毎週月曜
 
●2日(火)飛び入りコンサート(各種ギター貸与)毎週火曜
 
●3日(水)兜金幸太(クラシックG)
 奈良県出身。甲陽音楽学院卒業。クラシックギターを中川亨、中川誠両氏に師事。クラシックとジャズを学ぶ過程でブラジル音楽の魅力に取り付かれ、ヤマンド・マスター氏のマスタークラスを受講。第18回、第19回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門連続入選。
 
●4日(木)なかのかつき(G、Vo)毎週木曜
 
●5日(金)小川喜一(クラシックG)
      ※ゲスト:松田利枝(クラシックG)
 学生時代は小原聖子氏に師事。後に、故稲垣稔氏に師事した。仕事と共にギター大好き人生を送る。'17第94回日本ギターコンクールではシニア部門で敢闘賞を受賞した。
 
●6日(土)安福佳子(コントラバス)
      ※ゲスト:渡辺信行(ギター)
 嵯峨美術短期大学卒。京都大学マンドリン部でギターを弾く。2009年8月から豊中シティマンドリンにてコントラバスに持ち替える。現在、渡戸由布子氏に師事。これまでに、石井博和、三宅康司氏、田渕陽介、各氏に師事。南出信一氏、幣隆太朗氏の合宿やレッスンも受講。第4回いかるが音楽コンクールレイトスタート部門3位。現在、伊丹と箕面の市民オーケストラにも在籍しギコギコしています。
 
●8日(月)第43回落語とギターの会
 グラナダ店主 なかのかつき(六弦亭ざくろ)の43回目の落語会。今回は<幸助餅><らくろ首>の予定。ギターは高公崇。2ドリンクまでサービス。チャージは平常の1700円。
 
●10日(水)奥野恵津子(ファド、ラテン、G、Vo)
 京都外大出身で学生時代は軽音楽部のラテンヴォーカリストとして活躍した。'05からファド歌手としても活躍。アルバム「A Partida」を出した。'09年よりラテンの弾き語り歌手として再デビュー。器の大きな数少ないラテン、ファドシンガーとして期待される!!
 
●12日(金)笹井慎二(クラシックG)
 関西で長くギターに関わっていると、何度もグラナダに出演していそうですが、実は初のグラナダ・ライブです。「現代ギター社」を経て、現在は「ウッドノート・スタジオ」を主宰。ギターを中心にCDの録音・制作を行ってます。録音の時はギタリストにダメ出しする立場です。弾くほうにまわりますが、こちらへのダメ出しは禁止です(笑)
 
●13日(土)松岡茂樹(クラシックG)
 
●14日(日)マロ(アコースティックG)
 本名 高野靖 1959年生まれ。大学時代に歌声サークルでギターに出会うが社会人になると同時にギターは休眠状態に。2005年フィンガーピッキングコンテストを見てギターインストに衝撃を受け独学でアコギを再開、現在に至る。Mixiのコミュニティにて社会人サークル「インスト派」の管理人を行いアマチュア、インスト演奏者の月例演奏会をサポート。2013年4月より川畑トモアキ氏に師事。
 アコギの仲間ではベテランの域に達して来た<マロ>さん、最近は音楽の表現に人生の深み、厚み、広さ、大きさを感じ、更に素晴しきテクニックも楽しめます!!
 


*7月後半の演奏者紹介*