ライブスケジュール
レギュラー演奏者紹介
演奏者紹介
アクセス・営業時間
グラナダhistory
グラナダだより
drink/food menu
サービス券
リンク集
top


*レギュラー演奏者紹介*


  なかのかつき
  高 公崇



*5月前半の演奏者紹介*

演奏時間 20:00 21:00
毎週月曜 高公崇(クラシックギター)
毎週火曜 飛び入りコンサート(各種ギター貸与)
毎週火・木・日曜 なかのかつき
 (ラテン、シャンソン、フォーク、歌謡曲、ギターと歌)
※プロフィールはレギュラー演奏者の紹介を御覧下さい。

●1日(水・休)山本真也(ポルトガルG)
 大阪芸大出身。学生時代にクラシックギターを習得。ポルトガルに興味を持ち、「Casa da guitarra」(ポルトガルのポルトの楽器店)でポルトガルギターを学び、ポルトガルギターの製作も学ぶ。若き異色のギタリスト登場!!
 
●2日(木・休)植村和弘(G、Vo)
 '03よりグラナダに出演!!
 ギターとヴォーカルでJ-POPやFOLK、BLUES等を演奏しています。来ているお客様に<楽しい時間>を共有して頂けるライブを目指してがんばります。
 
●3日(金・祝)小松佳久(フラメンンコG)
 65年高知県安芸市生まれ。85年吉川二郎氏に師事し、フラメンコギターを始める。数度に渡りスペインに遊学。吉川二郎「星の物語」の録音に二重奏で参加。コンサートにも同行しているひたむきな音楽としてのフラメンコ演奏は聴くものの心を打つ。
 
●4日(土・祝)木村浩三(クラシックG)
 関西大学ギター部OB会長、現役当時は指揮者を務めていました。一部OBの間では「現役当時より上手くなった」と噂されている…らしい。お楽しみ下さい。
 
●5日(日)飛び入りコンサート(各種ギター貸与・持参も可)
 初めての方も歓迎!!生ギターであればジャンル問いません。弾き語りも可。ギターの聖地?!<グラナダ>で一度演奏してみませんか?20時迄に集合。チャージ\1700 ドリンク(400〜600円) 学生の方は1ドリンク無料!!
 
●6日(月・休)高公崇(クラシックG)毎週月曜
 1974年生まれ。15歳よりギターを猪居信之氏に師事。1995年大阪音楽大学短期大学部ギターコース卒業。同校にて藤井真吾氏に師事。1996年第5回名古屋ギターコンクール第1位。1999年第26回日本ギターコンクール(読売新聞大阪本社主催)第2位。エリオット・フィスク、ペペ・ロメオ、オスカー・ギリア、福田進一各氏のマスタークラス受講。積極的な演奏活動を行うと共にギターの指導にあたっている。
 
●8日(水)麻衣ひろみ(G、Vo)
 ボサノバ、ブルース、ポピュラー、フォークと幅広い分野を取り入れたチャーミングな女性シンガーです。
 
●9日(木)田路秀彦(G、Vo)
      ゲスト:中村正寿(パーカッション)
 トウジヒデヒコさんはフォークロック等オリジナルを得意とするミュージシャンです。<チャー>ばりのギターテクニックは見事!
 
●10日(金)角圭司(クラシックG)
 '97スペイン音楽ギターコンクール優勝。M.バルエコ、R.チェスター、尾尻雅弘、増田幸作の各氏に師事。'99渡米。米国の同時多発テロ後、ワシントンDCの国務省にて演奏。'02ニューヨークにて世界貿易センタービルのためのチャリティコンサートを行いTVニュース番組で全米に紹介された。同年パンアメリカン交響楽団、コスタリカ国立交響楽団とも共演。ケネディセンター、カーネギ・ホールでも演奏する。

 '99ジョンス・ホブキンス大学ビーボディ音楽院入学。'02同音学院修士課程ディプロマコース卒業。'05在米日本大使館主催でリサイタル。'15 7月東京文化会館で帰国10周年記念リサイタルを行った!!

 出身地の茨城県稲敷郡阿見町より来演!!世界のスミケイシがグラナダで聞ける!!
 
●11日(土)丸山文夫+谷崎進(クラシックG二重奏)
<丸山文夫>
 長野県生まれ。泳げないが趣味は南の海のダイビング。ギターは学生時代のクラブで覚えた。定年を迎え30年ぶりに再開。田頭雅法氏に師事。大阪市立大学ギター部OB。「まほろばカプリシャス」を主宰。円熟味のある奥深い表現が何とも言えない魅力です!!ゲスト:高野哲郎(ギター)

<谷崎進>
 龍谷大学マンドリンオーケストラ部OB。ギターは田屋茂氏に師事。20年前よりクレシェンドギタークラブに参加し、ギターを再開する。
 第35回日本ギターコンクール、シニア部門金賞。読売賞も受賞する。5年前より丸山文夫と知り合いデュオと酒を楽しんでいる!!
 
●15日(水)ハニー・リキュール(マンドリンとギター)
<江藤ようこ>
 中学・高校・社会人とマンドリン演奏に携わってきたが、2006年「デュオ・メイプル」のメンバーとなる。各地で50回を超えるライブを体験し短期間で大幅なスキルアップに成功した。「綺麗な音色」「プロの音色」の向上のため日々研鑽に励んでいる。

<岡崎泰正>
 歌舞伎役者・坂東竹三郎の長男として大阪に生まれる。13才よりクラシックギターを小野剛蔵氏に師事。この頃より、作詞、作曲を手掛ける始める。現在はシンガー&ギタープレーヤーとして関西を中心に幅広く活動中。ジャンルを超えて、多数のミュージシャンと共演を重ね、その音楽性はハイセンスな表現を持った「マルチギタリスト」として高い評価を受けている。
 


*5月後半の演奏者紹介*